2010年02月06日

政治主導確立法案を閣議決定(産経新聞)

 政府は5日、政治主導体制の強化を目的とする「政治主導確立法案」を閣議決定した。内閣官房の国家戦略室を「局」に格上げし、行政刷新会議を内閣府に設置すると明記した。いずれも法的位置付けを明確にすることにで官邸の指導力強化を図る狙い。年度内に成立させ、4月1日の施行を目指す。

 法案では内閣官房副長官を1人増して4人とし、うち1人を国家戦略局長に充て、局長の下には国家戦略官を置くとした。首相補佐官も5人から10人に倍増させる。政府は増員分を民間人から起用する考えだ。

 行政刷新会議の下には必要に応じて専門委員会を置くこととし、政治家が委員に就くことができるようにした。「事業仕分け」を担った「仕分け人」の権限が不明確だったことを踏まえた対応だ。鳩山政権発足後に閣議決定で改めて設置した政府税制調査会にも法的根拠を与える一方、自公政権で設置された経済財政諮問会議は廃止する。

【関連記事】
日航再建、やり方間違えている 政府主導に疑問
日中歴史共同研究、予定より1年半遅れ発表
世界のたばこ事情 日本の価格は安過ぎる!?
首相「解散も手綱を緩めず対策を」 政権最後?の諮問会議
核廃絶決議「政府は主導的役割を」 広島市長

日中歴史共同研究報告書 妥協求めた政治的研究(産経新聞)
小沢氏に「けじめ」要求 前原国交相と枝野氏も(産経新聞)
すり鉢に睡眠剤、2遺体と一致=実家に送付、押収−木嶋容疑者・埼玉不審死(時事通信)
<陸山会事件>石川議員起訴「戦いこれから」「出直しを」(毎日新聞)
書の甲子園 大阪市立美術館で開幕(毎日新聞)
posted by キリユウ ヒロユキ at 17:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。