2010年06月11日

最もイメージの良いアスリート、トップはあの野球選手(Business Media 誠)

 競技に打ち込む姿や活躍する姿で、人気の高いアスリート。CMに出演するだけでなく、政治の世界にも進出するアスリートは多いが、最もイメージの良いアスリートは誰なのだろうか。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 博報堂DYメディアパートナーズの調査によると、アスリートのイメージについて29項目にわたり尋ねたところ、総合ランキングのトップは「イチロー」(野球)だった。以下、「浅田真央」(フィギュアスケート)、「石川遼」(ゴルフ)、「高橋大輔」(フィギュアスケート)、「北島康介」(水泳)が続いた。日本人以外のアスリートでは「キム・ヨナ」(フィギュアスケート)が6位にランクインしている。

 いよいよ6月11日にサッカーワールドカップ南アフリカ大会が開幕するが、「ワールドカップで注目の日本人アスリート」を聞くと、トップは「中村俊輔」、2位は「本田圭佑」、3位は「川口能活」だった。ケガでスタメン落ちがささやかれる中村俊輔、第3キーパーとして代表に選出された川口能活が、ほかの代表選手より上位にランクインしているようだ。

 一方、「ワールドカップで注目の外国人アスリート」を尋ねると、トップはアルゼンチンのストライカー「リオネル・メッシ」、2位は「クリスチアーノ・ロナウド」(ポルトガル)、3位は「カカ」(ブラジル)だった。

 インターネットによる調査で、対象は首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)と京阪神圏(京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)に住む15〜69歳の男女600人。調査期間は5月21日から25日。【堀内彰宏】

【関連記事】
岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは
テレ朝・角澤アナが語る、スポーツ実況の内幕
素肌がキレイだと思う女性アスリートは?

金融庁、振興銀を刑事告発へ…検査忌避の疑い(読売新聞)
「とうとう来た…」都城で口蹄疫、衝撃と落胆(読売新聞)
「3年間新卒扱い」 公約で就活支援策 公明の参院選マニフェスト(産経新聞)
菅首相会見詳報(5)「奇兵隊内閣と名付けて」(産経新聞)
「本番は9月だ」小沢氏が独自候補擁立に意欲(読売新聞)
posted by キリユウ ヒロユキ at 14:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。